コンブッカは、1日20〜180mlという摂取目安量があり「お好みの濃さに薄めてお召し上がりください」と書いてあります。

 

ただし、どのタイミングで飲むと良いのかは書いてありません。

 

そこで今回は、コンブッカを1日の中でどのタイミングで飲むと良いのかをお伝えします。

 

しかし、同じものを飲むにしても飲む人の年代や生活習慣、コンブッカを飲んでどうなりたいかは人それぞれ異なるので効果的な飲み方を3パターンに分けてご紹介します。

 

コンブッカの飲み方はいつ飲むと効果的?

マイペースに置き換え派は朝食の代わりに

コンブッカは、食事の代わりに置き換えるというのが基本的な飲み方です。

 

したがって、自分が置き換えやすい食事をまず置き換えてみるのがオススメです。

 

私の場合は、朝はあまり食べなくても平気なので朝置き換えをしています。

 

朝置き換えは、昼食や夕食など楽しい食事の機会を逃さずに自分だけでマイペースに行うことができるので1ヶ月で1〜2kg痩せたい人にピッタリです。

 

 

効率よくダイエットしたい人は夕食の置き換えを

朝置き換えよりも効果が出やすいのが、夕食の置き換えです。

 

夕食は買ってきて済ませてしまうという人や、家族と一緒にたくさん食べてしまうという人も多いですよね。

 

ファスティングは辛いけれど、短期間でダイエット効果を出したい人は夕食の置き換えがオススメです。

 

「昼食外食した日の夕食だけ置き換えよう!」とご自身で調整しながら飲むのもいいですね。

 

思春期の学生さんは夜寝る前か朝食の1品にコンブッカを

中高生は、色々な悩みが多い年頃ですよね。

 

例えばニキビなど肌トラブルがある場合は、夜寝る前にコンブッカを飲むのがオススメです。

 

コラーゲンドリンクは、夜寝る前に飲むと効果があるそうなので「肌を綺麗にしたい場合は寝る前」と覚えておいてください。

 

また、便秘がちという人は朝食の1品にコンブッカをヨーグルトにかけて食べるのがオススメです。

 

朝は胃腸の動きが1番活発になる時間帯だからです。

 

腸内環境が整えば便秘解消や免疫力も上がるので風邪を引きにくい体になります。

 

まとめ

コンブッカは1日量の目安はあるものの、決められたタイミングはありません。

 

年代や生活週間、目的に応じて最適なタイミングは変わってきます。

 

成人している人のダイエットにコンブッカを使う場合は朝か夜の置き換えを行ってみてください。

 

また、思春期ニキビなどの肌トラブルには夜寝る前に飲むのがオススメで便秘解消や免疫力の強化には朝食メニューにコンブッカを加えてあげるのもいいでしょう。

 

このようにご自身のライフスタイルに合わせてコンブッカを上手に取り入れてみてくださいね。